ところ変われば:Appleの場合(3)


アップル社のMacBook Proの同一モデルのスペック表記が、国・地域によって少しずつ異なっているので、比べてみました。モデルは2017年6月発売のMacBook Pro 13インチです。市場に応じて製品スペックを変えてるというわけではなくて、同じスペック値の表記の仕方に違いが見られます。

【前回の投稿はこちら】ところ変われば:Appleの場合(2)


目次

  1. 「U.S.」vs「US」:略語のピリオド
  2. オックスフォードコンマ
  3. 「full-size」か「full-sized」か
  4. コンマの意味
  5. 数字のスペルアウト

次の4地域向けサイトの仕様ページ(Tech Specs)を比べました。

「Keyboard and Trackpad」(キーボードとトラックパッド)の項目を見てみましょう。市場によって表記が異なる箇所にマーカーを引きました。

MacBook Pro スペック:Keyboard and Trackpad

アメリカ合衆国サイト
Macbook Pro キーボード(US)

英国サイト
Macbook Pro キーボード(UK)

オーストラリアサイト
Macbook Pro キーボード(オーストラリア)

香港サイト
Macbook Pro キーボード(香港)


目次に戻る

1. 「U.S.」vs「US」:略語のピリオド

まずEを見てみましょう。アメリカ合衆国サイトが「U.S.」となっているのに対し、英国サイト・オーストラリアサイトが「US」となっています。また、香港サイトは「ANSI」となっています。

スペック中の「78」「79」「64」「65」はキーの数で、「U.S.」「US」「ANSI」「ISO」はキー配列の種類です。実は、これらのキー配列のうちの「U.S.」「US」「ANSI」は、同じキー配列のことです。「ISO」キー配列と、「U.S./US/ANSI」キー配列とでは、キーの総数、エンターキーの形状・配置など幾つかの点で異なっています。[1]

では何故、同じキー配列なのに、アメリカ合衆国、英国・オーストラリア、香港で異なる表記になっているのでしょうか。

まず、「U.S.」と「US」について調べてみましょう。「U.S.」「US」は「合衆国」を意味する「the United States」の頭文字をとった略語です。この略語にピリオド「.」をつけるのか、つけないのか、ということについては、米国Q&Aサイトなどでも頻繁に質疑応答が繰り返されています。

これが正しい、という決定的なルールはない、と言えるのですが、『ThoughtCo』というサイトにわかりやすい説明がありましたのでご紹介します。

In general, newspaper style guides in the U.S. (in particular, the Associated Press Stylebook and The New York Times Manual of Style and Usage) recommend U.S. (periods, no space).* In headlines, however, it’s US (no periods). And the abbreviated form of ​United States of America is USA (no periods).
Scientific style guides say to omit periods in capitalized abbreviations, thus US and USA (no periods, no spaces).
 . . . 
*Note that British style guides recommend US (no periods, no space) in all cases: . . . 

【訳】総じて、米国の新聞系スタイルガイド(中でも『Associated Press Stylebook』と『The New York Times Manual of Style and Usage』)は「U.S.」(ピリオド有り・スペース無し*)を推奨しています。ただし、見出しの中では「US」(ピリオド無し)が推奨。また、「United States of America」の略語は「USA」(ピリオド無し・スペース無し)としています。
自然科学系スタイルガイドでは、大文字の略語ではピリオドを省くとしているので、「US」「USA」(ピリオド無し・スペース無し)となります。
(…中略…)
*英国のスタイルガイドは、すべての場合で「US」(ピリオド無し・スペース無し)を推奨しています。(…以下略…)

【参考サイト】ThoughtCo, “What’s the Preferred Way to Write the Abbreviation for ‘United States’?

MacBook Proのアメリカ合衆国サイトは、新聞系のスタイルガイドにしたがってピリオド付きの「U.S.」としているのでしょう。一方、英国、イギリス連邦(Commonwealth of Nations)に属するオーストラリアでは、ピリオド無しの「US」と表記しているわけです。

アメリカ合衆国のスタイルガイドでも、『シカゴマニュアル第16版』は、大文字の略語にはピリオドを使わない、つまり「US」としています。

さて、香港もかつては英国に統治されていたので「US」とすべきでしょうが、「ANSI」となっています。

「ANSI」は「American National Standards Institute(米国国家規格協会)」の略語です。ANSI規格は、日本のJIS規格の米国版と考えればいいでしょう。また、「ISO」は「International Organization for Standardization(国際標準化機構)」の略語で、日本のJISC・米国のANSI・ドイツのDINなども参加している、世界共通の規格を発行する団体です。

つまり、香港サイトのライターさんは、国名「US」と規格標準化組織名「ISO」が並んでいるのに違和感を持ったのでしょう。同じく組織名の「ANSI」と並べた方が合理的である、と判断したのではないか、と推測します。

頭文字とピリオド:U.S.とUS


目次に戻る

2. オックスフォードコンマ

次にFの「, and」と「and」の違いです。「… Force clicks, accelerators, pressure-sensitive drawing, and Multi-Touch gestures」の箇所の構造を単純化すると次のようになります。

米国サイト
A, B, C, and D
英国サイト
A, B, C and D

3つ以上の要素を列挙する場合、最後の要素の前に「and」を入れます。米国では「and」の前にコンマを入れるのが一般的で、英国ではコンマを入れないと教わることが多いようです。

ただ、英国のオックスフォード大学出版局は、曖昧さを避けるためという理由から、コンマを入れるスタイルを1世紀以上貫いています。そのため、このコンマは「オックスフォードコンマ」(Oxford comma)とも呼ばれています。米国で一般的な「and」の前のコンマの呼び名が「オックスフォードコンマ」なのがおもしろいです。このコンマは、他に「serial comma」「series comma」「Harvard comma」ともいいます。

また、新聞系のスタイルガイドはオックスフォードコンマを使わないことを推奨しているようです。[2]

オックスフォードコンマ


目次に戻る

3. 「full-size」か「full-sized」か

Gは、オーストラリアサイトだけが、「size」の後ろに「d」が付いた「full-sized」になっています。「full-size」と「full-sized」にはどういう違いがあるのでしょうか。

full-size or full-sized

オンライン辞書の『Merriam-Webster』には、「full-size」は次のように定義されていて、例として「a full-size keyboard」が挙げられています。

having the usual or normal size of its kind

【訳】その種類の通常または規定の大きさの

【参考】Merriam-Webster, “full-size
(2017-8-19)

別のオンライン辞書の『Cambridge Dictionary』では、「full-size」と「full-sized」の意味の違いが見られます。

「full-size」には、次のような説明と例文があります。

of the normal size, not of a reduced size:
The company’s latest mini-netbook comes with a full-size keyboard.

【訳】縮小されていない規定の大きさの:
(例文)その会社のミニネットブックはフルサイズキーボードを搭載している。

【参考】Cambridge Business English Dictionary © Cambridge University Press, “full-size” (2017-8-19)

一方「full-sized」では、次のように定義されています。

larger than other things of the same type:
They bought a full-sized station wagon.

【訳】他の同タイプのものよりも大きな:
(例文)彼らはフルサイズのステーションワゴンを買った。

【参考】Cambridge Business English Dictionary © Cambridge University Press, “full-sized” (2017-8-19)

「full-size」と「full-sized」のニュアンスの違いの別の解釈を、英語についてのQ&Aサイト『English Language & Usage Stack Exchange』で見つけましたのでご紹介します。

. . . . Both they have slightly different emphases. “Full-size” indicates that it is of the right size, while “full-sized” may additionally imply that it was deliberately made to that size. . . .

【訳】(…前略…)それぞれの強調点がわずかに異なっています。「full-size」は正しいサイズであることを示していますが、「full-sized」の方は、あえてその大きさにしたことも暗示されているかもしれません。(…以下略…)

【参考】English Language & Usage Stack Exchange, “Which would you use: full-size, full-sized, full size or full sized?
(2017-8-19)

結局のところ、オーストラリアのライターさんが「full-sized」に変えた真意は知ることはできません。Cambridge Dictionaryにある意味の違いを踏まえているかもしれませんし、別の理由があるのかもしれません。[3]


目次に戻る

4. コンマの意味

では次に、Hを見てみましょう。これもオーストラリアサイトだけが、他の3地域とは異なっています。オーストラリアだけが「including」の前にコンマを入れています。

ページトップのスクリーンキャプチャは、スペックの一部分だけを抜き出したものですので補足しますと、左が「Touch Bar」という機能を搭載していないモデルで、右が「Touch Bar」搭載モデルのスペックです。左のモデルを見ると、キーボードを「78 (US)」タイプと「79 (ISO)」タイプの2種類から選択できることがわかります。

「12 function keys」というのは「F1」から「F12」までのファンクションキーで、「4 arrow keys」というのは、キーボードの右下に配置されている4個の矢印キー(「←」「→」「↑」「↓」)です。

ですから、キーボードの選択肢を厳密に書くと次のようになります。

  • 78 (US) including 12 function keys and 4 arrow keys
    【訳】12個のファンクションキーと4つの矢印キーを含む合計78キーのUSキーボード
  • 79 (ISO) including 12 function keys and 4 arrow keys
    【訳】12個のファンクションキーと4つの矢印キーを含む合計79キーのISO配列キーボード

これをまとめて「78 (US) or 79 (ISO) 」としたときに、「including」以下の内容が「78 (US)」と「79 (ISO)」の両方の補足説明なのか、「79 (ISO)」だけの補足説明なのか、読者が迷う可能性があります。それをオーストラリアのライターさんは嫌ったのかもしれません。コンマを追加することで、「including」以下の内容が「78 (US)」と「79 (ISO)」の両方の補足であることが明確になると判断したのでしょう。

includingの前のコンマ


目次に戻る

5. 数字のスペルアウト

I の箇所もオーストラリアサイトだけが、他の3地域と異なります。他の地域がアラビア数字の「4」を使っているのに対し、オーストラリアが「four」とアルファベットで表記(スペルアウト)しています。

数に関する英語の表記には、こまかなルールがいろいろとあるのですが、ここでは I に関連する情報のみスタイルガイドからピックアップしてみます。

『シカゴマニュアル』では、技術的でない分野では、0から100までの整数とその端数のない倍数はスペルアウトした方がいい、としています。また、自然科学分野または新聞雑誌を含む多くの出版物では別のルールがあり、0から9はスペルアウトして、それ以外はアラビア数字で表すということも書かれています。

『オックスフォードスタイルガイド』は技術的でない分野では、100未満はスペルアウトし、技術関係では、10未満はスペルアウトすることを推奨しています。

また、『マイクロソフトスタイルマニュアル[4]』は、本文中の0から9まではスペルアウトする、としています。

ただし、読みやすさと整合性に留意しながら、単位との組み合わせ・前後の文に出現する数字など、様々な条件に応じたアプローチが必要であることが、いずれのスタイルガイドにも記されています。

ですから、オーストラリアサイトは、0から9はスペルアウトする、という原則に従ったものと考えられます。一方、他の地域は、同じ文の中に「78」「79」「12」と数字が含まれていることから、整合性に重きを置いたのでしょう。

数字とスペルアウトのルール

『シカゴマニュアル』(The Chicago Manual of Style)と『オックスフォード・スタイルマニュアル』(The Oxford Style Manual)については、このサイトの参考資料をご覧ください。


[1] 【参考】Ask Different, “Difference between US QWERTY and International QWERTY Apple keyboards?”(2017-8-18)
Ultimate Hacking Keyboard, “ANSI or ISO? Which keyboard layout is more ergonomic?”(2017-8-18)

[2] デジタルメディカルコミュニケーションズ(DMC株式会社) 『シリアルコンマの使い方』(2017-8-18)

[3]Google Ngram Viewer」というツールで調べると「full-sized」の方が「full-size」よりも多く使われてきたことがわかります。「Google Ngram Viewer」で「full-sized」の出現頻度が調べられることは、本文中で紹介した「English Language & Usage Stack Exchange」の 『Which would you use: full-size, full-sized, full size or full sized?』で紹介されていました。また、「Google Ngram Viewer」については、わいひら(yhira)さんの「寝ログ」の記事『西暦1500年頃から現在までのトレンドキーワードを調べることができるGoogleツール』をご参照ください。

[4] Microsoft Corporation, “Microsoft Manual of Style (4th Edition)”, Microsoft Press, 2012

お読みいただきありがとうございます。気が向いたらまた遊びに来てください。