ところ変われば:Appleの場合(1)


アップル社のMacBook Proの同一モデルのスペック表記が、国・地域によって少しずつ異なっているので、比べてみました。モデルは2017年6月発売のMacBook Pro 13インチです。市場に応じて製品スペックを変えてるというわけではなくて、同じスペック値の表記の仕方に違いが見られます。


目次

  1. 米国スペリング・英国スペリング
  2. 掛け算記号は「×」で入力
  3. 「×」とスペース
  4. 「×」の前後にスペースがない理由
  5. 「-by-」と「 by 」

次の4地域向けサイトの仕様ページ(Tech Specs)を比べました。

「Retina display」(レティーナディスプレイ)の項目を見てみましょう。市場によって表記が異なる箇所にマーカーを引きました。

Macbook Pro スペック:Display

アメリカ合衆国サイト
Macbook Pro ディスプレイ解像度(US)

英国サイト
Macbook Pro ディスプレイ解像度(UK)

オーストラリアサイト
Macbook Pro ディスプレイ解像度(オーストラリア)

香港サイト
Macbook Pro ディスプレイ解像度(香港)


目次に戻る

1. 米国スペリング・英国スペリング

まずAを見てみましょう。アメリカ合衆国サイトと香港サイトが「color」「colors」となっているのに対し、英国サイトとオーストラリアサイトが「colour」「colours」となっています。これは米国式スペリングと英国式スペリングの違いです。

米国式が「⁓or」となっている箇所を英国式では「⁓our」と綴る単語の例をいくつか挙げてみます。

米国式 英国式 意味
color colour
honor honour 名誉
favor favour 好意
labor labour 労働
neighbor neighbour 隣人
harbor harbour

オーストラリア・ニュージーランド・カナダなど、イギリス連邦(Commonwealth of Nations)に属する国々では、英国式スペリングを基本としています。かつてイギリス領だった香港向けのスペックが、米国式スペリングになっているのが興味深いです。香港で発行されている英字新聞「South China Morning Post」紙のサイトなどを見ても英国式になっています[1]ので、なにか事情があるのかもしれません。


目次に戻る

2. 掛け算記号は「×」で入力

次にBのディスプレイの解像度ですが、アメリカ合衆国・オーストラリア・香港は、解像度を前置詞「by」を使っています。例えば紙の寸法を「8インチかける10インチ」と表現することがありますが、英語で「4 inches by 5 inches」と書きます。その「by」です。また、「8″ × 10″」の読み方は「eight inches by ten inches」(エイト インチズ バイ テン インチズ)です。

英国サイトだけが「かける」を小文字の「x」を使って表記しています。「2560×1600」は、水平2560画素・垂直1600画素であることを示しています。つまり、「水平画素数×垂直画素数(ヨコ×タテ)[2]」という書き方になっています。

このような場合、主なスタイルガイドでは、小文字のエックス「x」ではなく、正しい掛け算記号「×」を使うよう勧めています。HTML文書で掛け算記号を入力する時は、文字実体参照の「×」を入力すると、ブラウザで「×」が表示されます。

画面解像度例


目次に戻る

3. 「×」とスペース

ところで、「2560x1600」を掛け算記号と入れ換えて「2560×1600」としても、タイポグラフィの面から検討すべき点がもうひとつあります。それは数字と「×」の間にスペースがないことです。

『シカゴマニュアル第16版』の数学の文字組みに関する章には、次のような記述があります。

Basic spacing in mathematics. . . . Signs for binary operations (i.e., conjunctions); symbols of integration, summation, or union: and signs for binary relations (i.e., verbs) are preceded and followed by medium spaces: . . .

【訳】数学における基本的なスペーシング(…中略…)二項演算の記号(言ってみれば接続詞)、積分・総和・和集合の記号、二項関係(言ってみれば動詞)の記号は、その前後にミディアムスペースを伴う:(…以下略…)


The Chicago Manual of Style, 16th Edition
(Chicago and London: The University of Chicago Press – 2010) (項目12.16から抜粋)

二項演算には、足し算・引き算・掛け算・割り算なども含まれます。ミディアムスペースの詳細は省略しますが、通常のスペースと同じ幅か少し狭いスペースです。つまり『シカゴマニュアル』によれば、シンプルな数式では掛け算記号の前後にスペースが必要ということになります。

『シカゴマニュアル』の別の項(9.17)には、数値と単位記号との組み合わせの例に、掛け算記号を使った次の2例が含まれています。いずれも記号と掛け算記号と数字の間にスペースが入れられています。

2⅝″ × 9″
2 × 5 cm

また、『マイクロソフト マニュアル オブ スタイル[3]』の「寸法と単位」の項に示されている、掛け算記号を使った例(p.162)でも、記号と数字の間にはスペースが入っています。

1280 × 1024 monitor

掛け算記号の前後にスペースを入れる

『シカゴマニュアル』(The Chicago Manual of Style)については、当サイトの「このサイトの参考資料」ページをご覧ください。


目次に戻る

4. 「×」の前後にスペースがない理由

ここからはSpecAidの推測というか仮説でしかないのですが、「2560×1600」をひとつの単語としてとらえているのではないか、ということです。間にスペースが入ってないから見るからにひとつの単語ではないか、と言われればそのとおりです。

ディスプレイの解像度の代表的な規格は、「VGA」「WXGA」「WUXGA」といった名称で呼ばれることがあります[4]。「2560 × 1600」という画面解像度には「WQXGA」という名称があります。「WQXGA」サイズのディスプレイモニターの画面解像度(画素数)は、2560ピクセル×1600ピクセルである、という言い方をします。

つまり「WQXGA=2560 × 1600」というとらえかたができます。この「2560 × 1600」が規格の仕様ではなく、「WQXGA」と同じ意味の名称として扱われるようになった時に、スペースがとれて「2560×1600」となったのではないか、と考えられます。

英語の複合語は、その言葉や事象が社会に広く受け入れられるに従い、[空白あり]→[ハイフン]→[一単語]と変化します。例えば、米国野球の名前も「base ball」→「base-ball」→「baseball」と変わっていきました。これと似た意識の変化が「2560 × 1600」→「2560×1600」の関係の中にあるのではないでしょうか。

【参考サイト】Our Game, “Is It Baseball or Base Ball?

複合語の例:baseball

「2560 by 1600」は「ヨコが2560ピクセルでタテが1600ピクセル」と仕様を説明しているようなニュアンスがあります。しかし、英国の担当者はそうではなくて、「2560×1600」という一種の規格名のような形で呈示した方がユーザーにはわかりやすい、と判断したのかもしれません。


目次に戻る

5. 「-by-」と「 by 」

「2560-by-1600」にハイフン「-」があって、「1680 by 1050」「1440 by 900」「1024 by 640」にはありません。この違いの理由は、「2560-by-1600」だけが「native resolution」を修飾しているためです。

「その少女は7歳だ」は英語で「The girl is seven years old.」ですが、「7歳の少女が微笑んでいる」のように「7歳」が「少女」という名詞を修飾する形容詞になると、「The seven-year-old girl is smiling.」という具合にハイフンでつなぎます

これと同様に、「2560かける1600の実効解像度」と「2560かける1600」が「実効解像度」を修飾する形容詞になっているので、数値と「by」がハイフンで結ばれています。

複合形容詞のハイフン


[1] 例えば、レストランを紹介している「FOOD & DRINK」ページでは、「favourite」「flavour」「savour」などが確認できます。(2017-8-3)

[2] 「ヨコ」が先である理由は、画面解像度を表す場合は慣習的に「ヨコ×タテ」としているからで、「英語ではヨコ」を先に書くが一般的だから」というわけではありません。「ヨコ」が先か「タテ」が先か、は分野・業界・文化・物体などによって異なっているようです。次の掲示板サイトでは美術品は「タテ×ヨコ」だという情報があげられています。【参考】Reddit – graphic_design “is it width x height or height X width”

[3] Microsoft Corporation, “Microsoft Manual of Style (4th Edition)”, Microsoft Press, 2012

[4] ウィキペディアの執筆者,2017,「画面解像度」『ウィキペディア日本語版』(2017年8月5日)

お読みいただきありがとうございます。気が向いたらまた遊びに来てください。