ところ変われば:Appleの場合(4)


アップル社のMacBook Proの同一モデルのスペック表記が、国・地域によって少しずつ異なっているので、比べてみました。モデルは2017年6月発売のMacBook Pro 13インチです。市場に応じて製品スペックを変えてるというわけではなくて、同じスペック値の表記の仕方に違いが見られます。

【前回の投稿はこちら】ところ変われば:Appleの場合(3)


目次

  1. 色:「colors」と「colours」
  2. 解像度:「by」と「x」

次の4地域向けサイトの仕様ページ(Tech Specs)を比べました。

「Video Support」(ビデオサポート)の項目を見てみましょう。市場によって表記が異なる箇所にマーカーを引きました。

MacBook Pro スペック:Video Support

アメリカ合衆国サイト
Macbook Pro ビデオサポート(US)

英国サイト
Macbook Pro ビデオサポート(UK)

オーストラリアサイト
Macbook Pro ビデオサポート(オーストラリア)

香港サイトのこの項目は、アメリカ合衆国サイトと同じなので今回は省略しました。


目次に戻る

1. 色:「colors」と「colours」

まず J を見てみましょう。アメリカ合衆国サイト(と香港サイト)が「color」「colors」となっているのに対し、英国サイトとオーストラリアサイトが「colour」「colours」となっています。これは米国式スペリングと英国式スペリングの違いです。

本サイトの投稿「ところ変われば:Appleの場合(1)」の『1. 米国スペリング・英国スペリング』でとりあげていますので、そちらもご覧ください。


目次に戻る

2. 解像度:「by」と「x」

次にKを比べてみましょう。アメリカ合衆国・オーストラリア・香港の解像度の詳細は、例えば「5120-by-2880 resolution」と「by」を使っているのに対し、英国では、「5120×2880 resolution」と表記しています。

「5210-by-2880 resolution」は、ニュアンスを補いながら日本語にしてみると、「ヨコ5210ピクセルかけるタテ2880ピクセルの解像度」といった感じでしょう。一方「5120×2880 resolution」は、「『5120×2880』ピクセルの解像度」といったところでしょうか。

わかりにくいかもしれませんね。

この違いについては、本サイトの投稿「ところ変われば:Appleの場合(1)」の以下の項で、もう少し詳しく説明しましたので、併せてご覧ください。

2. 掛け算記号は「×」で入力
3. 「×」とスペース
4. 「×」の前後にスペースがない理由

なお、主なスタイルガイドでは、小文字のエックス「x」ではなく、正しい掛け算記号「×」を使うよう勧めています。HTML文書で掛け算記号を入力する時は、文字実体参照の「×」を入力すると、ブラウザで「×」が表示されます。

画面解像度例

お読みいただきありがとうございます。気が向いたらまた遊びに来てください。