スラッシュ:A/BはAかBかAとBか

スラッシュ「/」は「on/off switch」などで使われる斜めの線「/」の名前です。ウェブサイトのURIやディレクトリなどでもおなじみですね。HTMLやJavaScriptなどのコーディングでもなくてはならない記号で …

掛け算記号:xかけるyを書ける?

外形寸法・画面サイズなどでは、できる限り掛け算記号(乗法記号)「×」を使いましょう。かけ算記号の代わりに小文字の「x」や、時には大文字の「X」が使われることもありますが、アルファベットのエックスはタイプライタ …

インチ記号と引用符たちの三角関係

アメリカ合衆国では、ヤードポンド法が広く用いられています。そのため、寸法はミリメートル・センチメートルではなく、インチ・フィートで示されることが一般的です。製品スペックでは、ミリ・センチとインチ・フィートが併記されること …

スペース:間が大事

英語を文字で書きあらわす時は、スペース(または空白)もアルファベットや数字などと同じように大切にあつかわれます。英文では、文章のどこにスペースを入れるかについて、一般の人からプロフェッショナルまで、共通して守っているルー …

スペース:カッコつけるなら離れて!

英語では、括弧(かっこ)に囲まれた部分の前後には必ずスペースを入れます。かっこ類は、英語と日本語では意味合いも扱い方も異なります。スペック・本文問わず、しばしば目にするのは、英語表記なのにスペースを省略してしまっているケ …