スラッシュ:A/BはAかBかAとBか

スラッシュ「/」は「on/off switch」などで使われる斜めの線「/」の名前です。ウェブサイトのURIやディレクトリなどでもおなじみですね。HTMLやJavaScriptなどのコーディングでもなくてはならない記号で …

掛け算記号:xかけるyを書ける?

外形寸法・画面サイズなどでは、できる限り掛け算記号(乗法記号)「×」を使いましょう。かけ算記号の代わりに小文字の「x」や、時には大文字の「X」が使われることもありますが、アルファベットのエックスはタイプライタ …

ところ変われば:Appleの場合(1)

アップル社のMacBook Proの同一モデルのスペック表記が、国・地域によって少しずつ異なっているので、比べてみました。モデルは2017年6月発売のMacBook Pro 13インチです。市場に応じて製品スペックを変え …

スペース:間が大事

英語を文字で書きあらわす時は、スペース(または空白)もアルファベットや数字などと同じように大切にあつかわれます。英文では、文章のどこにスペースを入れるかについて、一般の人からプロフェッショナルまで、共通して守っているルー …

スペース:割と度し難い?

数字と単位記号の間には、スペースを入れるのが基本ですが、中には例外があります。「例外的にスペースを入れない」だけですめば話が早いのですが、ややこしいのは、入れるか入れないか、分野によってルールが分かれていることです。欧米 …

「分かち書き」って何?

読み方は「わかちがき」で、「分ち書き」「わかち書き」とも書きます。 世界の言語で、分かち書きをしないのは、日本語・漢語(中国語)・タイ語など、一部の言語に限られているそうです。 分かち書きのことは誰もが知っていると思って …

スペース:カッコつけるなら離れて!

英語では、括弧(かっこ)に囲まれた部分の前後には必ずスペースを入れます。かっこ類は、英語と日本語では意味合いも扱い方も異なります。スペック・本文問わず、しばしば目にするのは、英語表記なのにスペースを省略してしまっているケ …